mori

中川運河リミコライン・アートプロジェクト2016

アートという手法を用いて、運河に関わる人々の思い、運河の魅力、新たな発見や感動を目に見える“カタチ”にしていきたい。中川運河リミコライン・アートプロジェクトは、そんな思いから2014年に始まりました。舞台は名古屋地域における中心的な水上輸送路として大活躍した中川運河。現在ではピーク時の約2%にまで稼働率が減少し、第一線を退きましたが。この中川運河の畔で発見した「秘密基地(中川運河アート&リサーチラボ)」を拠点にして皆さんと共に、水辺空間を活用したアートな実験や経験を積み重ね、運河、水辺のある環境を生活のリズムの中に取り戻して行きたいと考えています。ここではフィールドワークをしたり、運河を使ったゲームを考えたり、人が乗れる船を作ったり、いろんなプロセスに関わることができます。みんなで考え、みんなで作るアートプロジェクトです。毎週土曜日に活動を展開していて、誰でも自由に参加できます。気軽にご参加してください。 この事業は、中川運河「にぎわいゾーン」の魅力向上につながる現代アートへの助成を行う名古屋都市センター「中川運河助成ARToC10」から採択されたものです。この助成事業は、「中川運河再生計画」(名古屋市・名古屋港管理組合策定)の趣旨に賛同されたリンナイ株式会社の寄付を活用しています。footerBanner04 アーティスト:安原弘高 / 淺野健一 / 岡本 健児 / 濱口綾乃 / 福井 瑞紀 / 村田仁 / 山田亘 / 他 /  協力:森石油店 / 株式会社新日 / 株式会社タケヒロ産業 / BankART1929 / コミュニティ・ユース・バンクmomo / 名古屋スリバチ学会 / 圓松寺(吉田正一) / 株式会社ミスズコーヒー商会 / 鈴木 富幸 / 竹中克行 / 長谷川泰洋 / 中村剛大 / 深谷崎子 / 服部家ご家族 / 富田希代子 / クレメンス メッツラー / ボランティア他 / 主催:中川運河リミコライン・アートプロジェクト実行委員会 ※2016中川運河ARToC10助成採択事業 企画・運営:N-mark